ベスト・オブ・2020〜ドラマ・本・Youtube篇〜

映画篇はこちら:

ベスト・オブ・2020〜映画編〜

オススメ!ドラマ篇

1、Black Mirror  ブラック・ミラー

 

紹介:

2011年から放送されている英国のドラマシリーズ。新しいテクノロジーがもたらす予期せぬ社会変化を描く、ダークで風刺的なSFアンソロジー。エピソードはどれも1話完結の作品で、通常は異なる現代や近未来が舞台である。現在シーズン5まで公開されている。(Wikipediaより引用)ブラックミラーはドラマ版のアカデミー賞ともいえる「エミー賞」のテレビムービー作品賞と脚本賞を2年連続で受賞しています。

ここがオススメ!:

1話完結なので、映画みたいに観れる「ブラック・ミラー」。シーズン5まで出てるがエピソード数はそんなに多くない(例えばシーズン1はたったの3話しかない)。新しいテクノロジーが人間社会にもたらす様々な影響から、人間の本性というものを伺える。正直、重くて後味が悪いエピソードも多いが(私はものすごくビビリなので一人で見るとなると躊躇る…)、物語の一つ一つが奥深く、考えさせられるものが多くて、本当に観て良かったと心から思うシリーズです。

私のオススメエピソードは:シロクマ(S2Ep2)(どんでん返しが凄すぎる。正義とは何かについて色々考えさせられる)、サン・ジュニペロ(S3Ep4)(百合物語。後味が良くて深い)、HANG THE DJ(S4Ep4)(ラストが良かった!鳥肌立つ)、1500万メリット(S1Ep2)(まさにこれがブラックミラーの味)、国歌(S1Ep1)(衝撃的な内容なのでご注意を)

正直私、後味悪い系の本当に苦手なんですが(色々考えて眠れなくなってしまう)、ブラックミラーはどうしても観たくなってしまう。これが本当の傑作と言うものなんだろうなぁ…!!

2、Dark ダーク

 

あらすじ:

2019年、ドイツの小さな田舎町ウィンデンで子供の連続失踪事件が起こる。似たような事件が33年前の1986年にも起こっており、町の人々は事件の真相に迫っていく。そこには4つの家族の何世代にも渡る秘密が隠されていた…。

ここがオススメ!

すみません、「ブラックミラー」に続いて、「ダーク」って…どんだけ暗くて重いんだよ…!!逆に、なんで鬱の時期にこんな暗いもの観てたんだ、私(笑)

ツッコミは置いといて…この「ダーク」、あらすじだけ見ればなんかどこかで聞いた事があるような話だが、見始めればこのドラマの世界がどれだけヤバくて異色か、気づくんですよ…!!まず、登場人物が多すぎる!いろんな年代の四つの家庭のキャラがこんがらがって色んなことをやらかすんですが(すみません雑で)、年代別にキャラの顔覚えなきゃいけないし、この子はどの家庭の誰の子だっけ?としょっちゅう分からなくなるので、私は関係図を片手に観ていました…それに加えて、シーズンが重ねるたびに色んな要素(ネタバレになるので言えないが)が加わって更に物語を複雑にしていく…そんなめんどくさそうなドラマなのに、ほんっっっっとうにどんでん返しが衝撃的すぎて、怖いのに好奇心に負けて、観続けちゃうんです!!

この「ダーク」という名の通り、始終暗くて全ッ然明るい場面が無い(逆に凄い)が、非常に深い物語で、サスペンスの枠とか越えてもはや哲学的、神話的または宗教的な域にたどり着いている。この作品を考えた人の頭の中は、一体どうなっているんだろう…?!こんなストーリーを思いつくなんて、本当に神の手がかかったよう…。サスペンスや、壮大なストーリー好きな人にはたまらないはず。でも怖いのは絶対無理という方は、控えた方が良いかも…私も初日観た後、一晩眠れなかったので…ね…

オススメ!本篇

本が大好きなのだが、2020は鬱であまり活字が読めなかったのが少し残念。(鬱になると、文字が入ってこなくなります)ビジネス本(というか自己啓発本?)は前田祐二さんの「メモの魔力」が良かった。しかしここでは一作のエッセイを紹介させてください!

「僕はイエローでホワイトで、ちょっとブルー」 ブレィディみかこ

 

あらすじ:

優等生の「ぼく」が通う元・底辺中学は、毎日が事件の連続。人種差別丸出しの美少年、ジェンダーに悩むサッカー小僧。時には貧富の差でギスギスしたり、アイデンティティに悩んだり。世界の縮図のような日常を、思春期真っ只中の息子とパンクな母ちゃんの著者は、ともに考え悩み乗り越えていく。落涙必至の等身大ノンフィクション。(アマゾンより引用)

ここがオススメ!

有名な本なので前々から気になってはいつつも、なんか勝手に重そうな印象があってなかなか手を出せなかったのですが、いざ読んでみると、全然ドロッとした語り口ではなく、テンポよく読み進められる。そして、英国の社会問題を、子どもの視点から知れる、というのもまた面白い。

「多様性は物事をややこしくするし、喧嘩や衝突が絶えないし、無い方が楽」だけど、「楽ばっかりしていると、無知になる」。胸に響くことばやエピソードが多くて、作者さんの息子から沢山学ばせてもらった。本当に良い本。オススメです!!

オススメ!Youtubeチャンネル

Jubilee

 

ここがオススメ!

出会った時、「これだ、こういうのを探してた!!」と思った。このチャンネルは色んな主題のコーナーがあるんだけど、中でも好きなのがMiddle Ground。主に二つの属性や信念が異なるグループの人を集めて議論させ、最終的に一つの「ミドルグラウンド」に達するかどうかをテストしているコーナーである。(主にアメリカ在住の人)

例えばトランプ支持者と移民、フェミニストと反フェミニスト、LGBTQとクリスチャン、セックス・ワーカーと牧師…などなど、通常は面と面を向き合うはずのない人たちが、下されたテーマや問題に沿って討論するのは、なかなか見ないことだ。

異なる立場の人の意見を聞いている内に、気づつくものがある。正義の反対は悪なんじゃなく、もう一つの正義なんだと。

思いやりは想像力から来ると思っている。そしてこれは、そんな想像力を培ってくれる、とても良質なチャンネルだと感じた。

Middle Groundだけじゃなく、他のコーナーも興味深いのでオススメ。

 

ここまで長々と読んでくださってありがとうございました!!

一年の中でずっとみんなとシェアしたかったものをこうやってまとめられたのが嬉しい。

もし観て・読んで良かったと思ったら是非DMで感想とかくれたら喜びます!

本当にいつもありがとう!2021年もよろしくお願いします!!

27+