最高にオススメしたい漫画「宇宙兄弟」

最高の作品に出会ってしまいました

少し前、インスタのストーリーでフォロワー様に

「オススメの本や漫画を教えてください!」とお願いしたところ、

ありがたく沢山の作品を教えていただいたのですが、

最初にパッと目を引いたのが「宇宙兄弟」でした。

前、なんかの「人生必読マンガランキング」的で見たような気が…

でも「宇宙」と「兄弟」、

両方ともあんまり興味は…

正直無かった!!!

しかしなんとkindle unlimitedで前3巻無料だったので、読んでみました。

 

無料の3巻までしか読まない計画だったのに、

え、いや、なんなん?!?!このマンガ?!?!

気づいたら本気で三度の飯を忘れる程入り込んでしまいました。

こんな強く「凄い!!!!!」と思える漫画、かなーり久しぶりでした!!

「宇宙兄弟」の凄い所

主人公のムッタが主人公のくせになんかイケてなくて、

優秀な弟を持ち、密かにコンプレックスを抱いている姿にめちゃくちゃ同感するし、

完璧に見えて実は…!!の弟・日々人のエピソードも、

もうそれはアツい涙を久しぶりに流しましたよ…

何より登場人物一人一人にストーリーがあり

めちゃくちゃリアルで、莫大な群像劇になっています!!!

宇宙に関する場面ももちろん沢山ありますが、

その前に人間のリアルな心理が繊細に描写されているストーリー性に引き込まれました。

 

しかも、夢を追う系の漫画って結構主人公が若かったりするんですけど、

この漫画のいい所は、主人公兄弟二人ともアラサーで、

出てくるキャラの年齢もバラバラだと言う事。

年齢なんて、夢を追うのに関係ない。

と思わせてくれる作品なんです。

 

あと、日本人だけではなく、沢山の魅力的な外国人キャラも出てくるのですが、

「あんなに沢山のキャラ、どうやって描き分けてるんだ?!」

と小山先生の圧倒的画力に驚いたり、

「外国人の顔の骨格めちゃくちゃ分かってるなぁ」といちいち感動したり、

作者の小山宙哉先生の観察力とこの様なストーリーを創り上げた人間性に脱帽です。

宇宙と超お金持ち小学校

そういえばこの漫画を見て超久しぶりに思い出したんですが、

前回のブログで書いた、庶民なのに中国の超お金持ち小学校に転校した際、

驚愕したのが、同級生のお父さんが大手の経営者とかだけじゃなく、

宇宙飛行士の父を持つ子も普通にいたんですよ…!!!

だからか、「宇宙航空」という授業が当たり前のように時間割に組まれてました。

教室の外の廊下もやたら宇宙スペースを意識して幻想的に作られてました。

今思うと結構とんでもない事だな…

授業の具体的内容はほぼ覚えてないんですけど、宇宙飛行の歴史だったり、

大量の取材ビデオや、ドキュメンタリーを見た記憶があります。

その中でも印象的だったのが作品の中でも出てくる無重力訓練でした。

私は高度恐怖症があるので絶叫マシーンとか絶対ムリだし、

少しでも高いところから見下すと足がくすんでしまったり、

いまだに飛行恐怖症も克服せずにいるんですが、

宇宙となるともう完全に別の話ですよね…

あれに耐えられて、強い精神と高度なスペックを持ち重ねている人って、

本当に凄いですよね…(いや語義力)

宇宙を目指すと言う事

沢山の子供が目を光らせて憧れる、「宇宙飛行士」。

しかし、宇宙開発による事故は過去に数多く起こっている。

宇宙船の打ち上げ経験者の5%は死亡している。

事故のビデオも授業で見た事あるのですが、

残酷すぎて涙を流せずにはいられませんでした…

宇宙飛行士になる事。

それは、相当の覚悟を意味する事なんですね…。

「宇宙兄弟」でも、この話題が避けられない所が本当に良いです。

色んな想いを潜めて、宇宙を目指す飛行士の姿と、

宇宙開発に関わる全ての方の思いの重みを感じました。

さいごに

「宇宙兄弟」は、「宇宙」と「兄弟」だけの話じゃ無く、

間違いなく人生に大切な物が詰まっている漫画です。

今年一番コスパが良い買い物をしたなぁ…としみじみ思ってます。

ありがとうフォロワーさん。ありがとう小山先生。ありがとうキンドル。

いてもたってもられなくてこんなイラストも描きました。

なんか少しBLっぽい雰囲気が出てしまったのですが、決してそういう目線で描いた訳ではありません笑。

とにかく読んで欲しい作品です…!!!

みなさんと美味しいお酒を飲みながら「宇宙兄弟」を語り合いたいです…!!!

 

8+